地域活動


ピノキオ薬局 忠節店は健康サポート薬局として地域の活動に積極的に参加し、健康に関する情報を発信しております。



ネット依存度チェックの企画を開催しました。

今回は現在問題となりつつある「ネット依存」についての企画を開催しました。

当日は、7名の方に参加していただきました。

カモミールティーの試飲も行いリラックスしながら、ネット依存度チェックを行いました。

参加していただいたお母さんのなかには

「ネットのやりすぎによる子供への影響」を心配される方も見えました。

依存症の治療の第一歩は本人の自覚にあります。

本年も みなさまの健康の手助けとなるような企画を開催していきます。

 

お酒と健康の企画を開催しました。

 お酒と健康の企画を開催しました。当日は10代~80代の様々な年代の10名にご参加いただき、アルコールパッチテスト、悪酔い体験メガネ、お酒に関するクイズなどを行い、お酒の体への影響について理解していただきました。参加者の方からは「参考になった」「体質がわかってよかった」「勉強になった」との感想がありました。

 皆さんも、年の瀬を迎え、お酒を飲む機会も多いと思いますが上手なお酒とのおつきあいをしましょう。

 本年最後の企画となりました。来年も忠節店で様々な企画を開催していく予定です。皆様の参加おまちしております。 

3回目の認知症サポーター養成講座をおこないました。

今年も、認知症サポーター養成講座をおこない15名の方が認知症サポーターとなりました。高齢化社会で生活する私たちにとって、認知症は理解しておくべき疾患です。当店でも情報を発信し地域において一人でも多くの方が笑顔でくらせるよう支援の輪をひろげていきたいです

第3回 健康フェアを開催しました。

当日は あいにくの雨で台風が接近している中でしたが、

午前中は12人のかたに、午後は6人のかたに参加していただき好評に終わりました。

今後も様々な企画を開催していく予定ですので皆様の参加をおまちしております。

子ども調剤薬局体験

 7/31、8/1に毎年恒例の「子ども調剤薬局体験」をおこないました。お菓子をつかって、計量器、分包機、メートルグラス、軟膏混合機等の機器をつかい、調剤業務を体験していただきました。

 はじめに薬剤師の仕事内容を説明し、手洗い、調剤、薬をお渡しするところまで楽しみながら行いました。

 夏休みの体験として来年も開催予定ですので、皆様のご参加おまちしております。

岐阜市立藍川北中学校にて 薬物乱用防止出前講座を行いました。

本年度も、岐阜市立藍川北中学校の生徒さんを対象に 薬剤師の蓮田が薬物乱用防止講座を行いました。

ロコモ度測定会を行いました。

ピノキオ薬局忠節店内で、ロコモ度測定会を行いました。

当日は、 ロコモ判定でよく使われる2ステップテスト、立ち上がりテストを行い、歩行計測機器(三和ニューテック)を使って歩行状態を確認しました。7名の方に参加していただき、ロコモティブシンドロームについての理解とその予防について学ぶことができたと思います。

池ノ上いきいきサロンにて「サプリメント健康食品ってどう?」の講演を行いました。

池ノ上いきいきサロンにて、当店の薬剤師の小林が「サプリメント健康食品ってどう?」の講演を行いました。

全国在宅医療医歯薬連合会全国大会に参加しました。

薬剤師の蓮田が「全国在宅医療医歯薬連合会全国大会」に参加しました。

近島GOGOサロンにて「薬の上手な使い方」の講演を行いました。

近島GOGOサロンにて当店の薬剤師の蓮田が、「薬の上手な使い方」の講演を行いました。

第2回 健康フェア開催

昨年 好評だった2回目の健康フェアを開催しました。

 午前中のプレフェアでは、骨強度、血管年齢、血圧を測定してもらい、午後からのフェアでは上記の測定項目に、Hba1c測定、脂質測定、体組成測定、肺年齢測定、栄養相談を加えて当店薬剤師とマンツーマンで健康測定をしていただきました。

参加していただいた皆様からは、「普段から気になっていた検査ができた」、「体の現状を知れてよかった」などのお言葉をいただき、有意義な時間をすごしていただきました。

 本年もピノキオ薬局忠節店では地域の皆様の健康管理の一助となるように、さまざまな企画を用意していきたいと思っておりますのでお楽しみに。

北島いきいきサロンにて「サプリメント健康食品ってどう?」の講演を行いました。

北島ふれあいサロンにて、当店の薬剤師の小林が「サプリメント、健康食品ってどう?」の講演を行いました。

岐阜市防災訓練に参加しました。

 平成29年度の岐阜市総合防災訓練に薬剤師の小林が薬剤師会の防災班の一員として参加しました。ところで皆様、「おくすり手帳」はお持ちでしょうか? 地震などの災害時でもスムーズに薬物治療を受けるためのツールとして「おくすり手帳」への関心が高まっています。薬の服用履歴やアレルギーの有無などを記録しておくこの手帳。2011年の東日本大震災でも重要な役割を果たしました。熊本地震の発生を受けて、その大切さが改めて認識されています。


日本薬剤師会学術大会に参加し発表しました。

当店の蓮田薬剤師が、10月8日(日)、9日(月)に東京国際フォーラムで開催された「第50回日本薬剤師会学術大会」に参加し、「健康サポート薬局における地域活動」について発表しました。

第2回 なつやすみこども薬局体験を行いました。

第2回こども薬剤師体験を行いました。前回同様お菓子を使って、粉薬の混合、液剤の混合、錠剤の一包化、正しい手洗いの講義を行いました。今回も、子供たちが一生懸命調剤をおこない、りっぱなこども薬剤師として患者役の職員にお薬を説明することができました。

 本企画は 来年の夏休みも実施予定です。詳細については 本ホームページにて更新していきます。おたのしみに!

協力  医療法人渡邉会しま医院、株式会社ユヤマ、住商モンブラン(株)、

中北薬品株式会社、アルフレッサ株式会社、大正富山医薬品株式会社

株式会社大塚製薬工場